◎防災活動           防災部


❒平成28年12月28日 こども年末夜警を実施しました!

NEW! 

 自治会館に集まり、4時からオセロに似たゲームで、算数好きを生み出す「ナインブレイク」を楽しみ、6時半から夜警に出発。「火の用心」の掛け声を拍子木に合わせ、大きな声で夜の町に呼びかけました。

 7時過ぎには全員戻ってお母さんたちの用意した豚汁を頂きました。


❒平成29年度 練馬消防署 見学会

NEW!   

 2月5日(日曜日)午前10時から1時間 新装なった練馬消防署を見学しました。回覧板で募集し、防災スタッフ併せて48名の参加でした。内子どもが13名でした。署員の食堂や無線指令室など署内、消防車の説明を受けました。子どもたちは親の付き添いで、はしご車の籠に載り、30mの高度から東京スカイツリーも眺めました。


❒平成28年度 秋の防災訓練

 380名の地域の皆様に参加していただきました

 

 平成28年10月2日(日)に、開進第二小学校避難拠点連絡会(桜台自治会中心の組織)で防災訓練を実施しました。

 当日は初期消火、応急救護、子供用ミニ消防車の運転、地元消防団第5分団の模範演習に加え、10年ぶりに起震車体験を行いました。

 桜台自治会は地域の皆様の安全を守るため、今後とも努力を重ねて参ります。今年参加できなかった方々は来年の参加をお待ちしています。

 なお、防災訓練は、桜台自治会、開二小、開二小PTA、PTA父親の会、保育園、幼稚園、老人会、 桜台北口商店会、 大門通り商店会、民生委員、 練馬区民防災課、練馬消防署、練馬消防団第五分団の共催により実施しました。改めてご協力頂いた関係者皆様に御礼申し上げます。

 


❒平成27年12月28日 こども年末夜警を実施しました!

子ども79人、保護者、PTAや父親の会、自治会関係者を含め総勢130人が参加。これまでを大きく上回る規模で実施されました。

 

自治会館に集まり、4時からオセロに似たゲームで、算数好きを生み出す「ナインブレイク」を30人ほどの親子参加で楽しみました。

6時には全体集合し、6時半から学年別に4コースに分かれ、夜警に出発。「火の用心」の掛け声を拍子木に合わせ、大きな声で夜の町に呼びかけました。

7時過ぎには全員戻ってお母さんたちの用意した豚汁を頂きました。校長先生をはじめ開二小の先生方も一緒に歩いてくださいました。元気よく「良いお年を」で解散しました。(主催者 防犯部・防災部・青少年部)


❒平成27年度 東京都 出前防災講習会

 12月6日(日)桜台自治会で 東京都の出前防災講習会が開かれました。テーマは「要支援者問題」でした。練馬区の職員を含め35人が受講しました。講演後会場内で熱心な質疑が交わされました。

 

 この地域には350人を超える方が災害時に支援を要請しています。なかなか正解の無い困難な課題ですが、少しでも認識を積み重ねてゆくことが大事だと考えています。


❒平成27年度 秋の防災訓練実施

 450名の地域の皆様に参加していただきました

 

 今回の防災訓練はいっそうの地域ぐるみを目指しました。
 二度に渡る「さくら新聞」や訓練案内チラシを全戸配布。加えて開二小、幼稚園、保育園などへ徹底した宣伝を行いました。またPTAや親父の会の若い方たちの応援や地元の商店会に協賛を頂いたことは大きな収穫でした。今後への展望が開かれたと考えています。 
 当日は初期消火、応急救護に加え、練馬消防署による防災講話、「心のあかりを灯す会」によるサバイバル食事作りを実演し好評を得ました。お配りした手動型懐中電灯も含め皆様のお役に立つことを願っています。
 桜台自治会は地域の皆様の安全を守るため、今後とも努力を重ねて参ります。今年参加できなかった方々は来年の参加をお待ちしています。

 なお、防災訓練は、開二小避難拠点連絡会、開二小、開二小PTA、親父の会、民生委員、心のあかりを灯す会、区民防災課、練馬消防署、練馬消防署第五分団、桜台北口商店会、大門通り商店街の共催により実施しました。改めてご協力頂いた関係者皆様に御礼申し上げます。


写真をクリックして下さい。拡大されます。


❒平成26年12月28日 こども年末夜警を実施しました!                

 12月28日に恒例の年末こども夜警を実施しました。

 

 今年はインフルエンザが流行って心配でしたが、昨年を大きく上回る50人近い参加でした。例年と趣向を変え4時からゲームを楽しみました。オセロに似た新しいゲームで、地域によっては来年度から二年生の算数の教科書に採用されます。コマの数字を睨みながらの布石で計算練習にはもってこいです。親子も含め25人程の参加があり、大いに楽しみました。

 本番の夜警は長田校長先生、田中副校長先生始め4人の先生方や防災、防犯の自治会スタッフ、保護者など総勢70人近くの参加でした。来賓の方からはこのように子どもが大勢参加した夜警は見たことがないと、たいそうお褒めの言葉が寄せられました。

 青少年部のお母さんたちのお手製豚汁を食べ、お土産のお菓子を頂いて別れました。


❒平成26年11月9日 防災コンクール 2年連続優勝!            

軽可搬ポンプで優勝・7位(男子)、初動措置で3位(女子)


 2014年度防災コンクールが、11月9日(日曜日)南町小学校校庭で開催されました。

 

 練馬消防署管内の自治会防災部が出場し、ポンプの部が22チーム、初動の部が20チームとどちらの部も昨年より2チームづつ増えての激戦でした。

 このようななか桜台自治会はポンプの部で優勝及び7位、初動の部で3位を獲得する快挙を果たしました。同一自治会から二つの部で3位以内に入った自治会は、昨年に続き当自治会だけです。

 

 神津防災部長を始め、勅使川原さん(防災部長代理)、青木さん(防災部副部長)の両消防庁OBの適切で熱心な指導とこれに応えた選手の努力の賜物です。今後とも防災部は日頃の訓練や研鑽を重ね、地域の安心安全を目指します。



❒平成26年度 秋の防災訓練実施

 250名の地域の皆様に参加していただきました。

 

 訓練のテーマである東京都を襲う直下型大地震に対して、地域防災の最大の課題であります2次災害を食いとめる「第一避難場所よりの避難」「初期消火」「応急手当」と煙ハウス体験、ロープの結び方の訓練の後、炊出しの豚汁と避難食をご家族等で味わっていただき、クラッカーとお茶のお土産付きの訓練は成功裏に終わりました。

 桜台地域の安全のため、今後とも地域ぐるみの防災活動を繰り広げたいと考えていますので、今年参加できなかった方々は来年の参加をお待ちしています。

 

 桜台自治会主催による皆様の避難拠点になる開2小と開2小PTA、要援護者の安否確認を行う桜台地域の民生委員、地域の防災を担う練馬警察署、練馬署防団第5分団、そして練馬区防災課との合同訓練でした。改めてご協力頂いた関係者皆様に御礼申し上げます。

写真をクリックして下さい。拡大されます。


❒平成25年11月10日防災コンクール            

男子Aチーム優勝 男子Bチーム準優勝 女子3位を飾る

併せて金、銀、銅獲得


恒例の秋の防災コンクールが、南町小学校で実施されました。参加チーム数は昨年のほぼ倍の38チームとなり戦国コンクールの様相を帯びました。

男子の軽可搬ポンプ操作の出場チームは20(昨年12)。桜台自治会からは始めて2チームが出場。火災・地震対応と応急救護の初動措置の部で女子は18チームが出場(昨年9)で桜台自治会からは1チームです。いずれもメンバーの若返りを進め、上位入賞を目指しました。

勅使川原防災部長代理、青木副部長の両消防庁OBに指導を受け、三連休も返上しながらの訓練でした。結果は悲願の優勝を達成、しかも準優勝まで獲得。女子も一昨年の準優勝に次ぐ成績を残しました。

写真をクリックして下さい。拡大されます。


❒平成25年度 秋の防災訓練実施

恒例の秋の防災訓練が、10月5日(土)生憎の雨天の中実施されました。

雨のため、関係者も含め180人の参加でした。広報も含め万全の準備をしましたが残念。当日朝9時に12ヶ所の第一次集合場所に集まり、避難訓練を兼ね小学校に移動してもらいました。今回は震度7を体験出来る起震車や煙ハウスも用意したのですが、これも雨のため来年に乞うご期待です。外では初期消火、体育館内では応急手当、救出用具などの説明を行いました。また今回初めて、東京ガス、東京電力、東京水道局、避難食などの常備品を扱う業者の展示コーナーを設けました。最後に壇上で練馬消防署員による、倒壊家屋からの救出訓練を実演し訓練を終了しました。予定より随分少ない人数でしたが、締まった訓練と講評を頂きました。練馬区からは危機管理室長が見学に訪れました。雨の中煮炊きを担った給食部やPTA、区の職員の方々や4ヶ月に渡り準備をしてきた防災スタッフに感謝します。

写真をクリックして下さい。拡大されます。