《桜台自治会防災マニュアル》


‟いざ”という時のこと、皆さまは考えていますか?

必ず来ると言われて首都圏を襲う直下型大地震は、時を選ばず、突然やってきます。お子様が留守番中・・・・家族と離れているとき起こったら・・・もし家が倒壊したら・・・

大きな災害では、公共機関も被災し、すぐに駆けつけることは出来ません。そんな時、頼りになるのは普段から交流のある地域の方々です桜台自治会はいざと言う時に助け合えるよう、日頃より訓練や交流活動を行い、地域のつながりを大切にする身近なセーフティネットです

地域の皆様と強い絆を結んで「自助・共助で安全・安心で楽しい暮らし」を手に入れましょう。


桜台自治会の皆様が避難するときの流れ



自助・共助でまず自分自身とご近所で安全・安心を確保


 

  =桜台自治会は災害時、「開進第二小学校避難拠点」を立ち上げます。=

 

◎災害が起きても公的機関(消防署・警察署・自衛隊・練馬区等)の救出・援助は遅れます。大災害の場合、被災地が広範なため迅速な救出・援助活動は期待できません。ご近所・地域で助け合う気まがえと訓練を積み重ねましょう。阪神淡路大震災では、公的機関が救出したのはわずか約2%です、残りは家族・近所・地域でした。

 

 自助(⇒自らが自分と家族の安全確保)共助(⇒ご近所、地域の助け合い)の体制をつくりましょう。

 

◎災害時には多くのボランティアガ必要です、平時から桜台自治会の防災スタッフに登録をし、訓練をしましょう。

 

 連絡先:青木 保夫(桜台自治会防災部長) 桜台5-15-18 ☎6760-0550

 

 

 普段から災害が起きた時の準備を⇒自助

 

  1. 自分と家族の安全を第一に!
    大震災が起きても家屋や塀の倒壊、家財等が転倒しないように事前の対策をしておきましょう。家が丈夫でも家具の下敷きによる死亡・ケガが過去の震災では大変多いです。
  2. 水・食料の3日分の確保と防災グッズの備えを!
    大震災の対応として3日分の水と食料、防災グッズ(懐中電気・ラジオ・着替え・タオル・軍手・電池・トイレットペーパー等)を用意して、万一災害が起きてもすぐ避難所に行かなくても良い準備をして置きましょう。
  3. 火災に備えましょう!
    震災が起きても火事を出さないようにすることが大事です。しかし、万一火事になったら小さいうちなら自分で消せますので初期消火(消火器の用意、水の溜め置き)が重要です。
  4. 急な避難に備えましょう!
    大切なものを失わないように、いざという時に持ち出しに必要なものを持ち出せる準備をしておきましょう。

     

  5. 家族との連絡手段を決めておきましょう!
    大震災の時は電話がつながりにくくなります。災害が起きた時に家族が集まる場所や連絡方法を決めておきましょう。

      NTTの災害伝言ダイヤル「171」や携帯各社の「災害用伝言版」は有効です。

 

万一大震災が起きたら家族の安全まず隣近所で助け合いましょう⇒共助

  1.   第1に、本人と家族の身の安全を確保してください。
  2. 自宅が倒壊や火事の心配がない場合は家にいてください
  3. 近所の人の安全を確認のために近隣に声をかけてください。
  4. 火事や倒壊家屋が近所にあった場合は、近所で助け合いましょう。
  5. 避難の時の服装は長そでシャツ、長ズボン、荷物ができるだけ必要最低限度にします
  6. 家の鍵を閉め、ガスの元栓、電気のブレーカーを切って第1集合場所(第1次避難場所)に避難します。避難したとの盗難、火災等に気を付けましょう

第1次集合場(第1次避難場所)は情報収集と初期消火と救出活動

  1. 第1集合場所は、簡単な初期消火や倒壊家屋からの救出を地域で共同して行う最初の情報交換の場所です。第2次災害が起きないように無理をしないで活動してください。開進第2小学校避難拠点に情報を持ち寄り(災害場所をきちんと特定して)救助を要請してください
  2. 1次集合場所からは、まとまって徒歩で開進第二小学校(避難拠点)に向かいます
  3. 桜台自治会の第1次集合場所(第1次避難場所)は、12のブロックに分かれています。

第1次集合場所(第1次避難場所)と桜台自治会スタッフ

 

集合場所

住所と目標

リーダー

第1集合場所

桜台4−21(桜台ふじ公園)

間 詳二郎 

3

第2集合場所

桜台4−14(小林 駐車場)

坂井田 澄雄

6

第3集合場所

桜台4−33(4丁目分譲住宅前)

小松 義太郎   

101

第4集合場所

桜台5−15(星川宅前)

星川 信好 

102

第5集合場所

桜台5−30(小泉ぶどう園前)

小山 鉄男 

8

第6集合場所

桜台5−22(シダ公園)

秋山 實

92

第7集合場所

桜台5−−18(山崎宅駐車場)

山崎 鎮夫 

23

第8集合場所

桜台5-40(下島宅前)

堀川  一   

22

第9集合場所

桜台6−15(中村駐車場前)

両角 俊哉  

22

第10集合場所

桜台6—12(都営住宅前)

山下 幸福

18

第11集合場所

桜台6−21(都営住宅公園前)

加藤 康敬 

20

第12集合場所

桜台6−40(高稲荷公園)

酒井 康子 

26

 

所在場所は後術の地図を参考にしてください。集合場所の番号と地図上の番号が一致します。併せて、平時に場所を確認しておいてください。

  

避難拠点の開設

 避難拠点は、震度5弱以上の地震が発生したら自動的に避難所が開設され
ます。

桜台自治会避難拠点

 運営スタッフ、練馬区避難拠点要員、開進第二小学校避難拠点要員に依り「開進第二小学校避難拠点」を開設します。

 

避難者は避難拠点へ(開進第二小学校)

  1. 桜台自治会の皆様の避難拠点は開進第二小学校です。
    練馬区内には99か所避難所があります。どこに避難しても良いことになっていますが桜台自治会員はできるだけ開進第2小学校へ避難しましょう。  避難所は、桜台自治会が中心となって組織している「開進第二小学校避難拠点運営連絡会」が、学校、練馬区と協力して避難所の運営をします。
  2. 学校の施設利用は、避難拠点運営連絡会のスッタフの指示に従ってください。(学校が教育施設のため利用には取り決めがあります
  3. 避難所は共同生活の場所です、お互いに譲り合って生活しましょう
  4. 自宅で生活している方が、食料だけ避難所に取りに行くこともできます。
  5. 災害時には、避難所は情報集約・情報発信、安否確認の拠点場所になります。

❏いざと言う時、皆さまは防災必需品が揃っていますか?


開進第二小学校避難拠点運営連絡会の組織と主な機能


 

開進第二小学校避難拠点運営連絡会スタッフ

 

◎桜台自治会スタッフ

 

部門

        役 職 と 氏 名

本部

会長

林 文夫

副会長

齋藤 宗孝、神津 眞久、勅使川原 嘉男、

*石川 敦也

統括部

部長

青木 保夫

副部長

山下 幸福

部員

轡田 英夫、秋山 實、坂井田 澄雄、佐々木 信次、下島 輝八

庶務部

部長

喜々津 和夫

副部長

浅村 輝、横山 孝一、

部員

伊藤 哲彦、中村 美代子、小林 雅明、藤井 千恵子、村上 文人、

吉田 彰夫、梅香 真由美、

救出部

部長

下島 弘

副部長

小山 鉄男、加藤 康敬、両角 俊哉、

部員

小松 義太郎、山口 雅司、藤井 晃生、大野 均、市川 健一郎、

横山 秀樹、小川 一成、清水 茂仁、堀川 一、高橋 和夫

医療救護部

部長

神津 眞久

副部長

馬場 伸一、石田 節子

部員

酒井 康子、本間 昭子、相川 政雄、川出 松男、京極 奈津子、

臼杵 洋子、吉澤 勉、西山 登美子、山﨑 貞子、池神 幸子、

施設管理部

部長

浅見 憲司

副部長

中村 文俊、細田 邦弘、星川 信好

部員

大岡 寛行、山下 珠江、瀬在 厚志、瀬在 智子、山崎 鎮夫、市川 吉伸、

市川 泰久、樅山 亮三、

給食部

部長

入江 秀子

副部長

秋元 和子、神津 美由紀、中村 芳子、

部員

田中 和子、上野 初江、佐藤 邦子、中村 直子、山崎 喜代子、

生村 麻子、

 

 

練馬区要員スタッフ

 

部門

        役 職 と 氏 名

練馬区要員

班長

小金井 健一郎

副班長

加藤 健太、大庭 弘幸、

 

 

開進第二小学校スタッフ

 

部門

        役 職 と 氏 名

学校代表

校長

長谷川 修

副校長

小林 資郷

橋本 直志、真崎 俊広、

久木山 鈴奈

PTA代表  

会長

石川 敦也

副会長

大滝 優理子、加藤 詞乃、川口 雄、若林 直樹

 

PTA会長は避難拠点の副会長を兼務しています。

 

民生委員(桜台自治会地域担当)

 

部門

        役 職 と 氏 名

民生委員

中島 礼子、田中 節男、松本 佳子、郷 由伎子、石手 明美、角 麻子、金沢 睦子、倉岡 環、島田 孝二、

 


第1次集合場所(第一次避難場所)地図